• 茨城県つくば市流星台26-8
  • TEL.029-896-7786

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

胃内にある内容物や胃液が食道へ逆流してしまい、そのことで食道の粘膜が炎症を起こしている状態を言います。そもそも胃内にある内容物というのは、胃と食道をつなぐ下部食道括約筋が閉じられることで逆流を防ぐようになるのですが、この括約筋が何かしらの原因によって緩むようになると胃酸(胃液)が食道に逆流するようになるのです。

もともと胃や十二指腸というのは胃酸によって粘膜が傷つかない構造になっているのですが、食道はそのようにはなっていません。そのため、粘膜が損傷を受けてしまい、炎症や潰瘍、びらんといった症状が起きるようになるのですが、これらによって、胸やけ、胸痛、喉の奥から胃液が込み上げる感覚、痰が絡まない咳、声がかすれる、飲み込みにくいなどの症状がみられるようになります。

検査について

上記のような症状を患者様が訴えられ、逆流性食道炎が疑われる場合は、診断をつけるための検査を行います。具体的には、上部消化管内視鏡を用いて、食道の炎症の程度を確認するなどして判定していきます。

治療について

治療は、主に薬物療法になります。炎症や潰瘍を抑える薬物が用いられますが、これは食道に作用するものではなく、胃酸の分泌を抑える効果のあるプロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーといったものが使われます。また、薬物治療と併行して生活習慣の改善(高脂肪食、アルコール、カフェインを控える、禁煙をする など)もしていきます。

ひろせ内科消化器クリニック

お問い合わせは029-896-7786

診療科目

内科・消化器内科・内視鏡内科・胃腸内科・肝臓内科

院長

廣瀬 充明

住所

〒305-0008
茨城県つくば市流星台26-8

アクセス

つくばエクスプレス「つくば駅」より小田シャトルバス(つくバス)「さくらの森」下車徒歩10分
駐車場完備
:16:00~20:00
休診日:木曜・日曜・祝日  
窓口受付時間:
午前08:40~12:00  午後14:50~18:00
(月曜午後のみ15:50~20:00)
診療時間 日・祝
09:00~12:00 - -
15:00~18:00 - - -