• 茨城県つくば市流星台26-8
  • TEL.029-896-7786

生活習慣病

生活習慣病とは

かつては成人病とも呼ばれていましたが、日頃の不摂生な生活習慣(不規則で偏食・過食な食生活、運動不足、喫煙・多量の飲酒、ストレス など)を積み重ねていくことがきっかけとなって発症することが判明するようになってからは、これらが原因の疾患を総称して生活習慣病と呼ばれるようになりました。

代表的な生活習慣病には、高血圧、糖尿病、脂質異常症などがありますが、いずれにしても発症初期は自覚症状が出にくく、病状を進行させやすくなります。そして多くの場合、血管がダメージを受けるようになるので、やがて動脈硬化を招くようになるのですが、それでも放置が続くと血管内が狭窄して血流が悪くなる、詰まるなどして重篤な合併症(脳梗塞などの脳血管障害、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、閉塞性動脈硬化症 など)を引き起こすこともあります。

このように生命に影響しかねない合併症を発症させないためには早めの気づきと早期の治療が大切です。そのためには定期的に健康診断を受診し、血糖値や血圧、コレステロール値などに異常な数値が見られた場合は、何の症状がなくとも速やかに医療機関を受診されるようにしてください。

治療や予防も行います

当院では、生活習慣病と診断された方、もしくはその予備群であると判定された方に関しては予防や治療を行います。具体的には、生活習慣の見直しから行っていきます。最も重要なのが食生活の改善ですが、食事療法の指導(減塩療法や栄養バランスがとれたメニューの紹介 など)や患者様のライフスタイルに合わせた食事の摂り方の提案などをしていきます。また生活習慣病の患者様にとって運動をすることは単に肥満の予防だけでなく、中性脂肪を減少させる、血圧を下げるなどの効果も期待できることから日常生活に取り入れていきます。内容については息が弾む程度の有酸素運動(ウォーキングなら1回30分程度)で十分ですが継続的に行うようにします。なお、ハードな運動量や無酸素運動を激しくすることは逆効果になることもありますので、メニューについては運動をする前に医師に相談するようにします。

生活習慣の改善だけでは困難と医師が判断すれば併行して薬物療法(糖尿病なら経口血糖降下薬もしくはインスリン、高血圧なら降圧剤、脂質異常症ならLDLコレステロール値を下げる薬の服用)も使用していきます。

主な生活習慣病

糖尿病

血液中に含まれるブドウ糖は、細胞に取り込まれて身体を動かすエネルギー源となるものです。このブドウ糖の濃度を数値化したものが血糖値と言いますが、この数値が基準を超えて慢性的に高くなっている状態が糖尿病です。

この血糖値というのは、食事やジュースを飲むなどすることで上昇するようになるのですが、膵臓で作られるホルモンの一種インスリンが分泌されることで、細胞にブドウ糖が取り込まれるなどして数値は正常に戻るようになります。ただこのインスリンが何らかの原因によって作用しなくなるとブドウ糖は血液中でダブつくようになって、慢性的に高い状態のままになってしまうのです。

なお糖尿病は発症して間もなくは、これといった症状がみられることはありません。かなり病状が進むと、喉が異常に渇く、多尿、全身の倦怠感、食べていても体重が減少するといった症状がみられます。それでも放置が続けば、ダブついたブドウ糖によって血管障害が起き、よく細小血管や神経に症状がみられるようになるのですが、なかでも細小血管が集中する網膜や腎臓は障害を受けやすいことから、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病三大合併症と呼ばれています。また糖尿病は動脈硬化を促進させるようにもなるので、脳血管障害(脳梗塞 など)や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)といった重篤な合併症を引き起こすこともあります。

高血圧

外来時で行う血圧測定のうち、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、もしくは拡張期血圧(最低血圧)が90 mmHg以上となっている場合、あるいは自宅での血圧測定にて収縮期血圧135mmHg以上、もしくは拡張期血圧85mmHg以上の場合を高血圧と言います。

高血圧を発症する要因は主に2つあるとされています。ひとつは本態性高血圧で、これは原因が特定できない高血圧とされていますが、遺伝的要因や不摂生な生活習慣(食事での塩分過剰摂取や食べ過ぎ、運動不足、喫煙・多量の飲酒、ストレス など)が関係しているのではないかと言われているタイプです。もうひとつは二次性高血圧と呼ばれるもので、これは内分泌疾患や腎臓での何らかの疾患、あるいは睡眠時無呼吸症候群といった病気などによって引き起こされる高血圧のことを言います。

血圧が慢性的に高い状態になったとしても何らかの症状が現れることはありませんが、高血圧によって常に余分な負荷をかけて心臓から血液を送らねばならなくなるので、血管はその圧に耐えられるよう厚みを帯びるようになります。これが動脈硬化を招き、やがて血管自体が脆くなっていきます。そして血管が狭窄し、血流が悪くなると血圧はさらに高くなって、動脈硬化も進行していくようになります。それでも放置が続けば、脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心肥大、心不全、腎疾患(腎硬化症、腎不全)といった病気を併発するようになります。

最悪の状態にならないためには、日頃から血圧を測定し、高いと感じたら一度ご受診されることをお勧めします。

脂質異常症

血液中に含まれる脂質(コレステロール、リン脂質、中性脂肪(トリグリセライド)、遊離脂肪酸)のうち、LDL(悪玉)コレステロールとトリグリセライド(中性脂肪)の数値が基準値よりも高い(高脂血症)、あるいはHDL(善玉)コレステロールの数値が基準値よりも低いという場合に脂質異常症と診断されます。血液検査によって、コレステロール値などの数値が計測できるようになります。診断基準につきましては、以下の表の通りです。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL(高LDLコレステロール血症)
  • 中性脂肪≧150mg/dL(高トリグリセライド血症)
  • HDLコレステロール値 <40mg/dL(低HDLコレステロール血症)

LDLコレステロールにしても中性脂肪にしても体にとっては不可欠なものですが、これが必要以上に増えるようになると血管内(とくにLDLコレステロール)で蓄積し、やがて動脈硬化を起こすようになります。なお脂質異常症は、上記のどのタイプ(高LDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症)であったとしても発症によって自覚症状が現れることは、ほぼありません。そのため、多くの患者様は健康診断などの検査で気づくことが大半です。それでも自覚症状がないからと放置が続けば、血流を悪くさせる、血管内を詰まらせるといった状態になります。これが脳血管付近で起きれば脳梗塞などの脳血管障害が、また心臓付近で起きれば虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などの重篤な合併症を引き起こすようになります。

また脂質異常症を発症させる原因は大きく2つあるとされています。ひとつは原発性脂質異常症です。これは、遺伝的要因(家族性高コレステロール血症 など)が主な原因と言われているものです。もうひとつが二次性脂質異常症で、糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群といった病気を発症している、飲酒習慣や肥満などの生活習慣、ステロイド薬の長期投与といったことをきっかけにして引き起こされるタイプになります。

なお脂質異常症を治療する場合は、どのタイプであったとしてもLDLコレステロール値を下げることが目的となります。これによって、HDLコレステロール値やトリグリセライドの値も正常値になると考えられているからです。そのため、生活習慣の見直しだけでは改善が見込めないのであれば、薬物療法としてLDLコレステロール値を低下させるスタチンなどを使用していきます。

ひろせ内科消化器クリニック

お問い合わせは029-896-7786

診療科目

内科・消化器内科・内視鏡内科・胃腸内科・肝臓内科

院長

廣瀬 充明

住所

〒305-0008
茨城県つくば市流星台26-8

アクセス

つくばエクスプレス「つくば駅」より小田シャトルバス(つくバス)「さくらの森」下車徒歩10分
駐車場完備
休診日:木曜・日曜・祝日  ●:16:00~20:00
窓口受付時間:
午前08:40~12:00  午後14:50~18:00
(月曜午後のみ15:50~20:00)
診療時間 日・祝
09:00~12:00 - -
15:00~18:00 - - -